これだけあれば十分!最低限必要な道具類

植物を『飾る』ことより『育てる』ことに比重を置きたくなったら、ちょっとした道具と苗や種を買い足して生育にチャレンジしてみましょう。どんな植物を育てるのかによって、必要な道具は異なってきます。まずはどの植物を育てるのにも必ず必要となる道具をご紹介します。

『鉢・プランター』
地植えしない場合必ず必要になる物です。土の量が多ければ多いほど立派に育つので、ひまわりなどの大輪種、一メートル以上育つ植物はできるだけ大きな鉢で育てるようにしましょう。鉢といっても素焼き鉢、陶器用鉢など様々な種類がありますがどれを使って育てても構いません。鉢の種類によって植物の生育に影響がありますが特に気にする必要はないです。

『土』
土にも多くの種類があり、植物を上手に育てるには数種類の土をブレンドする必要があります。初心者はいきなり土のブレンドに挑戦するのはちょっと勇気が要ると思うので市販されている培養土を使用すると良いでしょう。培養土とは必要な土をあらかじめ混ぜ合わせている土のことで、自作するよりちょっと割高ですが植物の生育にすぐ使えるので便利です。肥料が含まれている培養土とそうでない物がありますので含まれていない培養土を購入するのであれば別途で肥料も購入する必要があります。

『鉢底石』
水はけを良くする為に土の下に敷く軽石を指します。水はけが悪いと植物が根腐れを起こし、枯れてしまう可能性があるので必ず用意しましょう。園芸用品を扱っているショップで購入できます。

『肥料』
固形肥料と液体肥料の二種類あります。固形肥料は土の上に置き、液体肥料は容器を土に挿して使用します。肥料を含んでいない培養土を使って育てる場合は固形肥料を購入し、培養土に混ぜると良いでしょう。肥料の割合は商品の説明を参考にしてください。

肥料を与える頻度ですが、これは植物の種類によって異なります。観葉植物は肥料をあまり必要としない種類が多く、草花や野菜は頻繁に追肥が必要な種類が多いです。

以上が最低限揃えておきたい物です。鉢もしくはプランター、培養土、肥料の三種です。以下は必要に応じて用意しておくと良いでしょう。

『支柱』
背丈の高い植物やつる性の植物を育てるのに必要になります。支柱が無いと茎が折れたり、つるが絡まり合って見た目が美しくなくなってしまいます。

『ポット』
ポットは小さな容器の事で、種から育てる時これがあると管理が楽です。種から育ててある程度育てば鉢やプランター、地面に移植させます。

プラスチック製の物とジフィーポットと呼ばれる物があり、プラスチックのポットは何度でも使用が可能で、ジフィーポットは容器のまま土に植える事が可能です。どちらを使用しても構いませんがジフィーポットは植物の根にダメージを与えることが無いのでこちらをおすすめします。

『石灰』
土の酸性を中和する為の物で、植物を植える二週間~一ヶ月前に土に混ぜ込みます。酸性を苦手とする植物を育てる時に用意すると良いでしょう。

最低限必要な道具では我慢できない物足りない!と思っている方で、お金を不足している方に朗報です。

お金を借りよう思っているけど審査に通らないのではないか?と心配している方はおおいですよね!

ただ一般的に「甘い」と判断される基準についてはなんとなく法則といいますか、傾向というものは見られます。
引用元:審査が緩いカードローンの話まとめ

このように何らかの対策を立てればお金を借りることは難しくないようです。もっと詳しく知りたい方は上記サイトをご覧になってください。