どの植物を選ぼうか迷った時に参考にできる花言葉

何を育てようか迷った時、誰かに花を贈りたいけど何にしたらいいのかどうしてもわからない時、花言葉を参考に考えてみるのをおすすめします。見た目と花言葉を合わせてこれだ!と思うものが見つかるはずです。花を贈るのなら相手にぴったりだと感じる花言葉をもつ植物を育ててプレゼントするのも洒落ていると思います。

贈り物に適していそうな花言葉を持つ植物達をご紹介しますと定番なのは『愛』の意味が込められている赤い薔薇でしょう。黒寄りの赤色の薔薇は『永遠の愛』。一世一代の愛の告白にぴったりだと思いませんか?色や咲き方によってだけではなく色の組み合わせにもよって花言葉が変わります。『愛』の意味の赤い薔薇と『相思相愛』の意味の白い薔薇で『結婚』の意になります。三つの蕾と一つの花の組み合わせで『あのことは永遠に秘密』とちょっと意味ありげなメッセージを持ちます。

更に贈る数によっても込められるメッセージが異なってきます。一本なら『一目惚れ』、十一本なら『最愛』、九百九十九本なら『何度生まれ変わっても愛している』になります。数が多いほど本気の度合いが高くなるということですが、九百九十九本も贈るとさすがに管理に困っちゃいますし引かれると思うので贈るなら少ない本数に気持ちを込めた方が喜ばれるでしょう。

他にはカーネーションなどの定番がありますが、『感謝』という花言葉を持つダリアも贈り物に良いですね。ダリアは様々なカラーバリエーション、大小いろいろな大きさの種類があるので相手の好みに合いそうな色や輪の大きさを選んで贈ると良いでしょう。

それと相手の誕生日を知っているのなら誕生花を贈るのも素敵だと思います。誕生花とは各誕生日にちなんだ花のことです。

花言葉は一つの起源から世界中に分散した訳ではなく、国によって花言葉の歴史や解釈が異なるので一つの花でも複数の言葉を持っている場合があります。良い花言葉をもっていても『独立』の意を持つアザミが『復讐』、『希望』のスノードロップは『死を望む』といったようによく調べてみるととても不吉な意味を持っていたりしてなかなか面白いです。また、同じ花でもその形態によって違う花言葉が与えられていたりします。

個人的に素敵な花言葉を持っていると思う植物を挙げると、『喜びを運ぶ』『非常に幸せ』『優雅』の意を持つクチナシ、『勝利』のパキラ、『信頼』『忠実』のビオラ、『幸福』のカスミソウ、『充足』のアザレラなどですね。ビオラは育てるのも簡単なのでおすすめです。自分に足りないものや今欲しいものの意味を持つ植物を育てるとなんだか求めていたものが手に入る気がします。

花言葉を調べていてもなんだかパッとしたものが無いと思ったらアサガオのように交配が簡単な種類の植物で自分オリジナルの品種をつくり、自分で花言葉をつけてみるのも一興ではないでしょうか。花言葉から興味を広げて是非植物の生育を楽しんでください。